尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

国際シンポジウムを開催しました

平成20年7月20日、小出郷文化会館で尾瀬国立公園記念事業実行委員会主催で国際シンポジウムが開催されました。
これに先立ち、7月18日から19日のの行程で、アメリカ、インドネシア、スコットランド、ニュージーランドからの4名のパネリストの方を案内して尾瀬を縦断するツアーを行いました。
鳩待峠から入山、温泉小屋に一泊した後、沼山峠まに抜け、そこからは、奥只見湖を船で渡るルートで新潟県の折立温泉に至るかなりハードな行程でしたが、パネリストの皆さんには尾瀬のすばらしさを実感していただけたと思います。
エクスカーション(ツアー)
福島県知事、群馬県知事、新潟県副知事、東京電力社長らが出席した、19日の夜には歓迎レセプションが行われました。
そして20日、各パネリストより自国の国立公園等での取り組み等に関する報告が行われた後、パネルディスカッションでは、尾瀬の自然環境保護に関する盛んな討論が行われました。
このパネルディスカッションには、財団からは笛田事務局長も参加しました。
シンポジウム



< 前ページに戻る
PAGE TOP