尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

救急救命研修を行いました

5月16日(金)、17日(土)の両日、MFA(メディカル・ファースト・エイド)のインストラクターの先生にもわざわさ尾瀬沼に入山いただき、尾瀬沼ビジターセンターで救急救命研修が行われました。
16日は、今回が初回受講となる職員が対象の研修で、尾瀬沼ビジターセンターの新人職員を始め、財団事務局職員も残雪の残る尾瀬沼に駆けつけ、ビジターセンターのレクチャールームで研修を受講しました。
17日は、2回目以上の受講となる職員のリフレッシュ研修で、1年前の受講内容を再度、確認しました。
救急救命研修1

救急救命研修2

毎年、擦り傷から切り傷、時には骨折等の傷病事故があり、使いたくはない知識ですが、ビジターセンターの職員は、発生する事故にそれぞれに適切な対応が出来るように、毎年、全員が研修に参加しています。
5月19日(月)、20日(火)には、山の鼻ビジターセンターで同様の研修が行われます。MFAのインストラクターの先生にとっても体力を使う大変な講習になります。



< 前ページに戻る
PAGE TOP