尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

至仏山の残雪調査を行いました

実施日:平成20年4月15日
最近の至仏山の大型連休中は、多くの山スキーヤー、山ボーダー、スノーシューハイキング等の利用者が多く訪れていますが、雪解けの早い所では残雪が薄く、植物を踏みつけてしまう恐れもあります。
このため昨年から地元行政機関、地元救助隊、土地所有者、ガイド事業者、自然保護団体、尾瀬保護財団等の受入側のメンバーで現地調査を行い、大型連休中の利用方法についてお知らせしています(今年の大型連休中の利用エリアについてはこちらをご覧ください)
ということで調査時(4月15日)の写真を少し掲載します。
至仏山の残雪調査1
↑鳩待峠までの車道は除雪前のため、徒歩入山となりました。
至仏山の残雪調査2
↑通称第一ピークから見た至仏山の全景、昨年同様にやや残雪が少ない様子
至仏山の残雪調査3
↑小至仏山~至仏山の稜線、稜線西側では雪消えが早く、植生に踏み込まないよう注意が必要
至仏山の残雪調査4
↑山頂から尾瀬ヶ原を見下ろす、ムジナ沢方面へは残雪量が少ない、連休時はオススメできない
※大型連休時の至仏山利用エリアについてはこちらをご覧ください。



< 前ページに戻る
PAGE TOP