尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

尾瀬ヶ原の第一回冬期調査を行いました

実施日:平成19年12月4~5日
山の鼻ビジターセンターで冬期調査に行ってきました。これから本格的な冬を迎えるにあたって、各種施設の状態を確認しておこう、というものです。久しぶりの雪に足をとられながら、鳩待峠から山ノ鼻地区、そして尾瀬ヶ原へと足を伸ばしてきました。
人気(ひとけ)のない湿原、凍結した池塘、地上を白く覆う新雪、強風と雪の重みで倒れた枯ヨシ・・・。そこには、オンシーズンとは対極的な静寂が広がっていました。いつもなら簡単に歩き回れる木道も姿を隠しており、先に進むのもはばかれるほど。自然とゆっくり歩くことになり、寒さがこたえる一日でもありました。
冬期調査(尾瀬ヶ原)

上山時はピーカン、下山時は吹雪、と荒っぽい天候にみまわれ少々苦労しましたが、雪の尾瀬は格別なものがあります。このまま雪に閉じこめられる訳にもいかないからなあと思いつつ、後ろ髪を引かれる思いで帰ってきました。次はいつ行けるかなあ・・・。早く行きたいなあ・・・。
追伸:施設状態は異常なく良好でした。ちゃんと調査もしています!



< 前ページに戻る
PAGE TOP