尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

「尾瀬のツキノワグマの生態」について講演しました

実施日:平成19年12月2日(日)
毎回、大変興味深い内容の講座を開いている「奥利根自然センター主催 自然生態に関する公開講座2007」に、呼んでいただきました。
 約20名の方が参加して下さいました。皆さん、尾瀬のベテランの方ばかりなので緊張していましたが、温かい目で聞いていただけました。このHPをみて東京から参加して下さった女性の方がいらっしゃったそうです。ありがとうございました。
講演ではまず、「1 ツキノワグマってどんな動物?」というテーマでツキノワグマの体の大きさや生態などについてお話ししました。そして講演の本題となる「2 尾瀬のクマ対策-生態調査と保護管理-」について話しました。尾瀬保護財団が環境省から委託を受けるまでのいきさつや委託されている内容、現在作成途中の保護管理マニュアルについて説明しました。そして最後に「3 今年の尾瀬のクマ」というタイトルで今年の調査結果の概要や今後の課題についてお話ししました。
大変熱心に聞いて下さり、終わったあと、質問も色々出ました。また、激励のお言葉も頂きました。大変いい機会をつくって頂いた内海廣重所長に改めてお礼を申し上げます。
ツキノワグマの生態スライド



< 前ページに戻る
PAGE TOP