一覧

寄付のお願い
友の会入会案内

寄付等 一覧
news & topics

寄付のお願い
友の会入会案内
  • 寄付等
  • 2021.11.12

株式会社エコ計画様からご寄付をいただきました

当財団の特別協賛寄付者である「株式会社エコ計画」様より1,000,000円のご寄付を賜りましたことを受け、2021〔令和3〕年11月10日(水)、群馬県庁16階環境森林部会議室にて、寄付受納式を開催いたしました。
※会場には、マスコミ(J:COM様・群馬テレビ様・上毛新聞社様)入室。インタビューあり。
当日、株式会社エコ計画様(以下、エコ計画様)からは、
・井上綱隆(いのうえつなたか)代表取締役社長様
・柴崎孝広(しばさきたかひろ)取締役/群馬エコスペース所長様
・中村一壽(なかむらかずとし)北関東支社/アドバイザー様
・長谷川彰(はせがわあきら)北関東支社/IT推進部次長様
にご出席を賜り、当財団は、
・岩瀬春男常務理事(群馬県環境森林部長)
・田中佑典事務局長(群馬県尾瀬保全推進室長)
が対応させていただきました。

式典では、まず、井上社長様からご挨拶をいただいた後、井上社長様から岩瀬常務理事に寄付目録が贈呈されました。

▲ 目録贈呈
(向かって左側が、井上 社長様。右側が、岩瀬 常務理事。)
※撮影時のみ、マスクを外しております。(会話の際はソーシャルディスタンスを取るとともに、マスクを着用して新型コロナウイルス感染防止対策を講じています。)

続いて、当財団の岩瀬常務理事から井上社長様に「感謝状」及び「記念品(写真パネル)」を贈呈し、御礼のご挨拶を申し上げました。

▲ 記念撮影
(向かって左から、柴崎 所長様、井上 社長様、岩瀬 常務理事、長谷川 次長様。)
※撮影時のみ、マスクを外しております。(会話の際はソーシャルディスタンスを取るとともに、マスクを着用して新型コロナウイルス感染防止対策を講じています。)

エコ計画様からは、平成28年度以来、毎年継続して格別のご支援をいただいており、今回で通算6回目(ご寄付総額は6,000,000円)となりました。
当該寄付には、尾瀬の群馬県側の入山口(鳩待峠・大清水)にシーズン期間中(5月~10月)掲示の「ごみ持ち帰り運動啓発横断幕」への協賛=横断幕寄付を含みます。
エコ計画様の環境保護活動に対する熱い想いの込められたご支援金は、尾瀬の保護と適正利用にかかる各事業の実施にあたって大切に使わせていただきます。
改めまして、このたびのご支援に深く感謝申し上げますとともに、当財団の「特別協賛寄付者」として、今後とも、末永いお付き合いをさせていただければ幸甚です。
 


 
●株式会社エコ計画様のご紹介
 
名 称:株式会社エコ計画
所在地:(本社)埼玉県さいたま市浦和区仲町4-2-20 エコ計画浦和ビル
(北関東支社)群馬県前橋市元総社町567 エコ計画前橋ビル
ホームページ(URL): https://www.eco.co.jp/(外部リンク)
 
エコ計画様は、環境・食・貢献をテーマに事業を展開する廃棄物の総合処理・リサイクル企業です。
昭和45年に現在の埼玉県さいたま市で創業し、廃棄物の収集運搬から中間処理、最終処分までの全過程をワンストップで担っています。平成27年4月には、群馬県渋川市に群馬県内初の新基準(平成25年4月条例改定)に合致した安定型埋め立て処分場「群馬エコスペース」の稼働を開始しました。
同社は、創業以来、地域貢献や地域共生を企業理念に掲げており、ESG活動やSDGsにも積極的に取り組んでいらっしゃいます。その一例として、Jリーグ浦和レッズのオフィシャルパートナーとして地元さいたまの活性化に貢献しています。
群馬県内においては、高崎市倉渕町にエコ計画の森林((一社)フォレストック協会認定)を保有・整備を行っているほか、上毛新聞社主催の「ぐんまエコ宣言!2021」(群馬県内の小中学生を対象とした環境教育プレゼンテーション大会)に特別協賛し、群馬県の環境教育の活性化にもご尽力をいただいております。その他、群馬県内で2軒の温泉旅館を運営しています。

同社に関する詳細は、ホームページをご確認ください。
 


  • 尾瀬公式 Instagram
PAGE TOP