一覧

寄付のお願い
友の会入会案内

尾瀬沼ビジターセンターブログ 一覧
news & topics

寄付のお願い
友の会入会案内
  • 尾瀬沼ビジターセンターブログ
  • 2021.09.12

2021年9月12日-尾瀬沼ビジターセンターより(白い虹と秋の芸術)

==================================================================
尾瀬への入山にあたってはこちらの注意事項をご確認ください。
また、環境省尾瀬沼ビジターセンターは、基本的な感染予防対策を実施したうえで、一部開館しています。
詳細はこちらをご覧ください。
==================================================================
■天気:晴れ
■気温:14.9℃(9時)19.3℃(昨日の最高気温)9.2℃(今日の最低気温)

ブログをご覧の皆様、こんにちは。

朝は少し靄がかかっていて風もなく、
2階の窓から外を見ると驚きの光景が・・・。

【長蔵小屋にかかる白い虹】

私自身もはじめて白い虹を見たのは2013年、
それ以降はなかなか見る機会もなく、
本日、8年ぶりの再会にとても嬉しかったです。

白い虹が消える前にと
外の様子を見に行った職員も素敵な写真を見せてくれました。

【大江湿原の白い虹-三本カラマツと一緒に-】

尾瀬ならではの美しい景色、夏だけではなく秋にも見られる素敵な光景です。
早朝に現れる現象ですので、ぜひ尾瀬を訪れた際は泊まってみてはいかがでしょうか。

白い虹は瞬く間に消えてしまいましたが、
大江湿原や尾瀬沼VC周辺では芸術的なおもしろい光景も見られます。

花は咲いて散ったらもう見どころは無いと思われがちですが、
咲き終わった花もよく見るとなかなか面白いもの。

じっくり見ているとゴッホの「ひまわり」みたいに
暑い夏を咲き続けた雄姿が見られます。

【花が咲き終わったオゼミズギク】

次は抽象美術や現代美術を見ているような気分になる
生きものたちの姿です。

【丸い玉状になったクモの巣】

丸い玉状になったクモの巣が朝霧を浴びて白く輝いていました。
中の住人はどこかにいるのか姿は見えませんでした。

次に毎朝の公衆トイレのチェックをしていると
足元に巨大な虫を発見!

虫が苦手な人もいるかもしれないし、
ここにいては踏まれてしまうと外へ救出しました・・・。

ながーい触覚が特徴的な「ヒゲナガカミキリ」。
その長さは日本に生息するカミキリムシの仲間で最も長い種です。
よくとがった突起から後縁にかけてもつ黄色帯があることから
おそらくオスではないかと思われます。

【ヒゲナガカミキリ-指の長さまである長い触覚-】

長い触覚のせいで歩くときもヨタヨタと大変そうでしたが
顔をじっくりのぞいてみると、立派な顎が見えました。

硬い木でもかみ砕くことができる、
昆虫の仲間の中でもその強さはトップクラスと
言われております。

もし、あの顎に挟まれたらと考えると
ちょっとひやりとしました。

【顔はちょっと強面なヒゲナガカミキリ】

足の関節や触覚のつながり、艶やかな胴体などを見ると
人類より一足先に誕生した昆虫のフォルムの美しさ
についつい見とれてしまいます。

秋は芸術の季節。
尾瀬の美しい景色とそこに生きる生きものたちの姿を眺め
あちらこちらから聞こえる秋の音色に耳を傾けながら
素敵な時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

2021(令和3)年の尾瀬シーズンも、残り僅かになりました。
尾瀬を訪れる際は以下の情報もチェックしてください。

◎2021年(令和3年)シーズンの各施設の営業終了・閉鎖予定について
*最終更新日は、2021(令和3)年9月9日です。
 
*最後に、体調に不安のある方や自ら安全確保を行うことが
難しい方の尾瀬への入山は控えましょう。
くれぐれも慎重な判断をお願いいたします。

尾瀬沼ビジターセンター

  • 尾瀬公式 Instagram
PAGE TOP