一覧

寄付のお願い
友の会入会案内

山の鼻ビジターセンターブログ 一覧
news & topics

寄付のお願い
友の会入会案内
  • 山の鼻ビジターセンターブログ
  • 2021.09.08

2021年9月8日—山の鼻ビジターセンターより(実ができています)

===================================================================
尾瀬への入山にあたってはこちらの注意事項をご確認ください。
尾瀬では営業を行っていない施設や閉鎖している施設があります。
お出かけの際には各施設の営業予定や閉鎖予定の確認をお願い致します。
山の鼻ビジターセンターは新型コロナウィルス感染症の拡大防止のため、現在閉館中です。
詳しくはこちらをご覧ください。

====================================================================

■ 天気:雨

■ 気温:11.3℃(最高気温) 9.1℃(最低気温)

ブログをご覧の皆様、こんにちは。
今日のお天気は雨。気温も低く、寒さを感じる1日でした。

山ノ鼻周辺では、見られる花の数がだんだん少なくなってきていますが、花が咲いた後に、実を付けている木や植物を見ることができます。

赤い実を付けているのは
 ウワミズザクラ

 ズミ
 ヒロハツリバナ
などです。ヒロハツリバナはこれから実が割れて、種が出てきます。その姿は、赤い花が咲いている様に見えます。

白い花が咲いていたイワショウブは赤くなり、草紅葉の始まった湿原の中で目を惹きます。
 イワショウブ

ヒロハテンナンショウは、仏炎苞の中に隠れていた花が実になり、目立つようになりました。これから実が赤くなり、もっと目立つようになると思います。
 ヒロハテンナンショウ

 オオバウバユリ
背の高いオオウバユリは、花の咲いた後、大きな実を付けています。この実の中には平たい種がぎっしり詰まっていて、熟したあと、はじけてこぼれ落ちます。この種から発芽して花を咲かせるまでには、8年もの年月が必要なのだそうです。
姿を変えていくいろいろな植物を見ていると、それぞれが種の保存のために上手く作られているのだろうな、と思います。

尾瀬ヶ原では草紅葉が始まっています。日に日に、湿原の色が黄金色へと変化してきています。
気温が下がってきていますので、防寒対策をしてお出かけ下さい。

担当:加藤

  • 尾瀬公式 Instagram
PAGE TOP