一覧

寄付のお願い
友の会入会案内

尾瀬沼ビジターセンターブログ 一覧
news & topics

寄付のお願い
友の会入会案内
  • 尾瀬沼ビジターセンターブログ
  • 2021.09.06

2021年9月6日-尾瀬沼ビジターセンターより(蝶が来た)

==================================================================
尾瀬への入山にあたってはこちらの注意事項をご確認ください。
また、環境省尾瀬沼ビジターセンターは、基本的な感染予防対策を実施したうえで、一部開館しています。
詳細はこちらをご覧ください。
==================================================================

■天気:雨のち曇り
■気温:12.2℃(9時)18.7℃(昨日の最高気温)9.5℃(今日の最低気温)

ブログをご覧の皆様こんにちは。今朝も朝から雨が弱くなったり弱くなったりの天気です。残念ながら霧も出ていて遠くの景色はかすんでいます。

【今朝の大江湿原】

ビジターセンター周辺の花の種類が少なくなって寂しい思いをしていますが、代わりに訪れてくれる蝶が気になってカメラを向けました。
雨上がりの花の蜜を求めるとき、カメラを近づけてもじっとしていてくれます。

【オオチャバネセセリ】

ノアザミの花は人気のようでした。

【ウラギンヒョウモン】

8月31日から1週間、陽射しのあった時間は限られていましたが、いろいろな種類の蝶が訪れてくれてカメラを向けるのが楽しい時間でした。道ばたに目を向けると、目立たない花の蜜を吸う蝶もいました。

【ウラナミシジミ】

キアゲハの幼虫は、このビジターセンターの近くではミヤマセンキュウなどを食べて大きくなっているようですが、蝶になってもその花の蜜を好むのでしょうか。

【キアゲハ】

残念ながら、飛んでいる蝶の写真を撮るのは難しく、きれいなミヤマカラスアゲハの飛び去るのをただ見送ったこともありますが、水を求めてなのか地面に降りてくれる蝶もいます。

【シータテハ】

【クジャクチョウ】

尾瀬で生まれて成虫になる蝶と、成虫になって尾瀬まではるばる飛んできてくれる蝶もいます。アサギマダラはその代表例で、遠距離飛行をする蝶として知られています。

【アサギマダラ】

このアサギマダラはこれからどこへ飛んでいくのでしょうか。そんなことを想像しながら写真を撮っていると尾瀬の楽しさが一層プラスされていきます。

なお、体調に不安がある方や、自ら安全確保を行うことが難しい方の尾瀬への入山は控えてください。
くれぐれも冷静な判断をお願いいたします。

尾瀬沼ビジターセンター

  • 尾瀬公式 Instagram
PAGE TOP