一覧

寄付のお願い
友の会入会案内

山の鼻ビジターセンターブログ 一覧
news & topics

寄付のお願い
友の会入会案内
  • 山の鼻ビジターセンターブログ
  • 2021.07.08

2021年7月8日—山の鼻ビジターセンターより(霧の見本園)

===================================================================
尾瀬への入山にあたってはこちらの注意事項をご確認ください。

尾瀬ではまだ営業を開始していない施設や閉鎖している施設があります。
お出かけの際には各施設の営業予定や閉鎖予定の確認をお願い致します。

====================================================================
■ 天気:曇り

■ 気温:19.4℃(最高気温) 15.3℃(最低気温)
ブログをご覧の皆様こんにちは。
天気が気になる毎日ですね。今日は見本園の様子と、木道についてすこしお伝えいたします。

今日の見本園は濃い霧に包まれ、なんとも神秘的な様相でした。細かな霧があたり一面を静かに、そしてオブラートでくるむように包んでくれました。とても静かなたたずまいです。

見本園の中の木道(令和2年設置と平成27年設置)

木道は主にカラマツの木を使い、耐用年数は約7年から10年です。(設置場所で変わります)
左右の木道の設置年代差は約7年です、防腐剤などを使用せず、自然のままの木材であるため差が良くわかりますね。
尾瀬で使われてる木材はすべてヘリコプターで運搬され、人の手で設置されます。とても費用と多くの労力を必要とされます。

古く役目を終えた木道は、、また梱包されヘリコプターで運搬されるんですよ。

尾瀬の湿原を歩いた時に、気が付いた人もおられると思いますが、木道のすぐ近くにたくさんの植物が生えているとは思いませんか?
それは、花はもしかしたら見てもらいたくて近くで咲くのかも?ですね。

コバイケイソウの群落を見ると、そう言われてみるとそんな気がしませんか?
皆さんも、木道の脇の花々観察してみてください。

見本園はカキツバタが見頃です。

霧が非常に似合う花ですね。

ニッコウキスゲはもう少しお待ちください。

今日の最高気温は19度、もう少し暖かくなるのを待っているようです。

先日、尾瀬ヶ原を巡回した時に、5歳くらいの女の子とご両親の家族とすれ違った時のエピソードです。
女の子がおかあさんに「この黄色いユリなぁに?」おかあさん「・・・」後ろからきたおとうさんにすれ違い際にそっと「ニッコウキスゲですよ」と耳打ち、おとうさんは娘のところに駆け寄り花の名前を教えてあげました(ニコニコ)こちらを向いてピースサイン(笑い)私もピースサインのお返し。
こんなささいな出来事でしたが、私は尾瀬国立公園で働き、幸せに感じた瞬間でした。
将来この女の子が尾瀬を好きでいてくれて、おかあさんになったとき、自分の子供に花の名前を教えてくれたら、きっと尾瀬を楽しんで・守ってくれる気がいたしました。

担当:新保

  • 尾瀬公式 Instagram
PAGE TOP