一覧

寄付のお願い
友の会入会案内

尾瀬沼ビジターセンターブログ 一覧
news & topics

寄付のお願い
友の会入会案内
  • 尾瀬沼ビジターセンターブログ
  • 2021.06.28

2021年6月28日-尾瀬沼ビジターセンターより(幸運の青空)

===================================================================
尾瀬への入山にあたってはこちらの注意事項をご確認ください。
尾瀬ではまだ営業を開始していない施設や閉鎖している施設があります。
お出かけの際には各施設の営業予定や閉鎖予定の確認をお願い致します。
===================================================================
■天気:晴れ
■気温:15.7℃(9時)16.9℃(昨日の最高気温)8.3℃(今日の最低気温)

ブログをご覧の皆様こんにちは。
天気予報がよい方に外れて、今朝は気持ちのよい青空が広がりました。

【朝5時の大江湿原】

生まれたての青空は淡い色をしていて、霧をまとった風景とよく似合います。
時間がたつにつれて、青空が本来の色を取り戻すまでの移り変わりも見逃したくない尾瀬の景色です。
今の大江湿原は背の高いコバイケイソウやレンゲツツジがほかの花より目立つので湿原の主役となっています。

【レンゲツツジと大江湿原】

そして、花ではありませんが、ヤマドリゼンマイの若葉も尾瀬に欠かせない脇役です。

【大江湿原の入口から尾瀬沼方面を望む】

晴れた日、白い花も青空によく映えます。三本カラマツの足下に咲くウワミズザクラや大江川の川岸に咲くズミ、林間に数多く見られるナナカマドなどです。

【ウワミズザクラ】

【ナナカマド】

陽の光は植物の陰を作って見せてくれます。残念ながら今年はワタスゲの当たり年ではなさそうですが、それでもほかの植物にはない優しい表情を見せてくれます。

【ワタスゲと木道に落とす影】

そして、こういうときには、晴れた日にしか花を開いてくれないタテヤマリンドウが私たちの目を楽しませてくれます。

【タテヤマリンドウとヒメシャクナゲ】

幸運にも、尾瀬で青空に出会えたら、陽の光と青い空と湿原とで織りなすハーモニーを心と体いっぱいに受け止めて、尾瀬を楽しんでみてください。

最後に、体調に不安がある方や、自ら安全確保を行うことが難しい方の尾瀬への入山は控えてください。
くれぐれも冷静な判断をお願いいたします。

尾瀬沼ビジターセンター

  • 尾瀬公式 Instagram
PAGE TOP