一覧

寄付のお願い
友の会入会案内

山の鼻ビジターセンターブログ 一覧
news & topics

寄付のお願い
友の会入会案内
  • 山の鼻ビジターセンターブログ
  • 2021.06.11

2021年6月11日—山の鼻ビジターセンターより(尾瀬ヶ原巡回の様子)

===================================================================
尾瀬への入山にあたってはこちらの注意事項をご確認ください。

尾瀬ではまだ営業を開始していない施設や閉鎖している施設があります。

お出かけの際には各施設の営業予定や閉鎖予定の確認をお願い致します。

山の鼻ビジターセンターは新型コロナウィルス感染症の拡大防止のため、現在閉館中です。

詳しくはこちらをご覧ください。

====================================================================
■ 天気:晴れ

■ 気温:23.2℃(最高気温) 5.1℃(最低気温)

ブログをご覧の皆さん、こんにちは。

本日は尾瀬ヶ原の巡回をして参りましたので、その様子をお届けします。

池塘と燧ケ岳。(牛首~ヨッピ吊橋間)

空がずっと広く感じます。青が大好きな私には堪らない景色です。

ワタスゲの果穂。

ミズバショウの最盛期と時を同じくして、ひっそり黄色い花を咲かせていたワタスゲたち。
随分と背丈が高くなり、今やすっかり ふわふわな果穂を風になびかせています。
すごく可愛い。あの時から ちゃんと見ていましたよ。

ズミの花。

新緑の湿原に、ピンク色の蕾と沢山の白い花が咲いています。
揺れる木漏れ日や川のせせらぎが相まった瞬間、ただただ幸せを感じました。

この子たちもタテヤマリンドウ。

淡いブルーのタテヤマリンドウですが、実は稀に白やピンクのものも咲きます。
本日の巡回ではどちらも発見する事が出来ました!!嬉しいっっ
見つけた時の(ああ!!あった!)が最高なので、あえて場所は秘密です。

ヒメシャクナゲ。

ひとつの花の大きさは5mmほど。人間の私では 小さいと感じます。
しかし、見れば見るほど美しく 心奪われてしまうのです。感服。

皆さんは「露堂々(ろどうどう)」という言葉をご存知でしょうか。

私も最近覚えたのですが、「真理ははっきり堂々と、目の前にあらわれている」といった意味の言葉なんだそうです。

 草は草としての本分をまっとうしてそこに存在している。

 花は花としての本分をまっとうしてそこに存在している。

 草が花になろうと無理をすることはないし、その逆もない。

 目の前に広がる景色の1つ1つが、それぞれの真理を余すところなくあらわしている。

 けれど、目の前に広がる真理があまりにも堂々としているものだから 人はかえってその真理には目を向けず、見えないところにこそ真理が潜んでいると考えてしまいがち。

 容易には手に入れることのできないものを探そうとする。

 しかし、跨いで通り過ぎてしまったその足もとにこそ、探しているものがあるのではないか。

 真理を探そうと思うなら、その探し物は自分の目の前にすでに堂々とあらわれているのだ。 

       (禅の視点-life-より)

自然の中に身を置き、これまで感じてきたものが 腑に落ちました。

そしてこれからも 目の前の真理をよく見つめていきたいと思うのです。

担当:佐久間

  • 尾瀬公式 Instagram
PAGE TOP