一覧

寄付のお願い
友の会入会案内

尾瀬沼ビジターセンターブログ 一覧
news & topics

寄付のお願い
友の会入会案内
  • 尾瀬沼ビジターセンターブログ
  • 2020.09.30

2020年9月30日-尾瀬沼ビジターセンターより(雪迎えと霜降る大江湿原)

==================================================================
尾瀬への入山にあたってはこちらの注意事項をご確認ください。
また、環境省尾瀬沼ビジターセンターは、基本的な感染予防対策を実施したうえで、一部開館しています。
詳細はこちらをご覧ください。
==================================================================

■天気:晴れ
■気温:9.9℃(9時)15.9℃(昨日の最高気温)2.5℃(今日の最低気温)

ブログをご覧の皆様こんにちは。
昨日はとても天気がよく、大江湿原を気持ち良く巡回することが出来ました。
草紅葉は見頃を迎え、木々の紅葉の見頃はまだ先ですが、
少しずつ赤や黄色に茂らせた葉を染めてゆきます。

【大江湿原にて-三本カラマツとヤマドリゼンマイの紅葉-】

〇紅葉の定点撮影

【展望デッキより燧ヶ岳方面】

【展望デッキより三本カラマツ方面】

【大江湿原より沼山峠方面】

詳しい大江湿原の様子は
こちらの尾瀬情報をご覧下さい。

◎尾瀬情報2020年9月29日大江湿原(川上)

巡回の帰り道、青い空に煌めく銀色の細い糸が風に乗って漂っていきました。
糸の先には小さな蜘蛛がくっついていました。

これは「バルーニング」という現象で
子グモが糸を出して高いところにぶら下がり、
風に吹かれて糸が切れると、そのまま風に乗って飛んでいく現象です。

晩秋から初冬にかけてみられるこの現象は
『雪迎え』とも言われており、
日本では山形県置賜盆地の北部で発生するものが有名です。

そして今日の朝、凍えるような冬の空気が漂い、
木道や湿原の植物には霜が降り、銀色に輝いていました。

【霜が降りた木道】

【霜が降りて凍ったシダの仲間】

今シーズンも残り1ヶ月。
名残惜しいですが、私たちはいよいよ下山に向けて
準備をし始める時期になって来ました。

いつ雪は降るだろうか、
どんな景色が広がってゆくのだろうかと考えると楽しみです。

最後にこれからの時期に尾瀬を訪れる際は
以下のことにご注意下さい。

➀朝夕の冷え込みが厳しくなってきております。
 雨具や防寒具などを忘れずにお持ちください。

➁霜で凍った木道は大変滑りやすいので、
 靴底の滑り止めがしっかりとした靴でお越し下さい。

➂夜明けは遅く日が暮れるのは早くなって来ますので
 時間と体力に余裕を持った登山を心がけ下さい。

なお、体調に不安がある方や、自ら安全確保を行うことが難しい方の尾瀬への入山は控えて下さい。
くれぐれも冷静な判断をお願いいたします。

担当:川上

  • 尾瀬公式 Instagram
PAGE TOP